複数のパパを作っても問題にされません。
それがパパ活です。
恋人関係じゃありませんから、パパは何人いてもいいんです。
パパがたくさんいれば、それだけ大きな収入になります。
できればもう1人、パパが欲しいと思いました。
Jメールのパパ活アプリで、集中的に募集していくことにしました。

 

 60代の男性からのメールには驚きました。
随分年上の人っていう印象です。
「妻に先立たれて、最近1人で食事をして寂しくてね。付き合ってくれたら2万円だそう」
以前は会社経営をして、現在は引退している方のようです。
とても良い条件でしたから、待ち合わせすることにしました。
どのパパも本当に紳士的だと思います。
それに、連れて行ってくれるお店はだいたい高級なお店です。
Jメールで知り合った60代の方も、高級店に連れて行ってくれました。
美味しい料理を食べられるだけでも、女の子として満足する部分があります。
それにプラスα、お小遣いがついてくるんですから、なかなか辞められない関係だと思います。
今回のパパは「週に1回時間を作って欲しいんだけど」と言ってくれたのです。
すごくありませんか?都度払いで2万円×4回ですからね。
1も2もなく継続契約してもらうことにしました。
食事だけで、トータル収入は余裕で月15万円以上になり大きなものになりました。
バイトやったってこんな収入にはなりません。
感激しまくりでした。

 

 サークルの先輩から教えてもらった出会い系サイトはとても優秀でした。
先輩が言う通り安全性が高く、利用者の質も良かったのです。
たくさんの男性ユーザーがいるから、太っ腹なセレブを探すこともできるんです。
利用を続けていけば、デートするだけの関係を作れてしまいます。
3人の食事するだけのパパを発見、継続契約で大きな収入を得られて大学生活がとても豊かになりました。